最新記事一覧

チャレンジしてみよう

家

成功者になろう

これから不動産投資を始めようとしている初心者が物件選びで抑えておかなければならないことは立地です。不動産投資の初心者にありがちな失敗は、自分が購入できる金額の物件を買ってしまうというものです。不動産会社の広告などに載っている投資マンションの利回りは入居者がいて初めて実現します。そのため、前提として空室になりにくい物件を選ばなければなりません。いくら利回りが高い物件であっても入居者がいなければ不動産投資が成立しないのです。選ぶべき立地は主要都市の中心部です。このようなエリアは交通の便が非常によく、また、公共施設なども充実しています。万が一、空室になっても1ヶ月から2ヶ月程度で入居者を見つけることができます。当然、このような物件は売買価格も比較的高めになっています。しかし、これは空室リスクが低いことの裏返しと捉えましょう。平均価格より50万円から100万円程度高くても、その差額は1年から2年分の家賃で回収できてしまいます。投資物件選びに悩んでしまうことも初心者にありがちな傾向ですが、ここ数年、不動産投資の裾野が広がってきており、優良物件はすぐに成約してしまいます。あれこれ悩んでいるうちに検討していた物件が成約していたということもありえます。経験を積まないと、初心者の域をいつまでも抜けることができません。少々高めでも1戸目の投資物件を保有してみて、経験をどんどん積んでいきましょう。初心者レベルを早く抜け出し、成功者の仲間入りを目指しましょう。

Copyright© 2018 人気の高い不動産投資商品をリサーチ|初心者でも挑戦可能 All Rights Reserved.