腎臓病食は塩分量を配慮した宅配サービスを利用しよう

食事

尿酸値を正常にする方法

スマイル

痛風はある日突然発症してしまう事があります。痛風になると足に痛みが出て関節が腫れます。痛みで歩行が困難になってしまいます。生活に支障をきたしてしまう痛風は糖尿病や肝不全など別の病の原因にもなってしまいます。痛風になった場合には適切な治療と食事療法が必要になります。痛風の原因は偏った食事です。プリン体が原因で痛風を引き起こしてしまいます。

痛風の症状を抑えるには食事療法が必要です。基本的には野菜や肉のバランスを考えて適度な量を摂取しましょう。痛風を患っている方の多くが肥満状態にあります。カロリーの高い食事で痛風の症状を悪化させるので外食は控えて自炊で栄養バランスを整えましょう。1日1食しか食べないと言う人は好きな物を好きなだけ食べてしまう事があり、栄養バランスが偏ってしまう事もあります。又、1食だけだと体の飢餓状態が長い為栄養を吸収すすると極端な血圧上昇の原因にもなり痛風に悪影響です。ビタミンやタンパク質を多く摂取し栄養のバランスが整った食事を心掛けましょう。

痛風の原因は偏った食事や過度のプリン体の摂取です。プリン体はレバーや魚卵、アルコールに多く含まれています。居酒屋でビールを飲みレバーを食べる機会多い方が過度にプリン体を摂取しているかもしれません。痛風を予防するには、アルコールの摂取を控えて水を多く飲みましょう。1日2リットルを目安に水を飲めば尿の排出を助け尿酸の排出が出来ます。こまめな水分補給とバランスの整った食事は痛風解消に役立ちます。