腎臓病食は塩分量を配慮した宅配サービスを利用しよう

食事

尿路管理の重要性

看護師

痛風は足の痛みだけではなく、様々な合併症を引き起こす事もあります。痛風になると血中の尿酸値が上昇します。尿酸値が高いままだと尿の排出の際に尿路に結石が蓄積される事もあります。その結果尿路結石や肝不全を引き起こしてしまいます。尿が正しく排出されないと体内に毒素が溜まる為あらゆる病気の原因になってしまうのです。

痛風になると足が痛み歩行が困難になります。痛風の際に感じる痛みは痛風発作と言い一定の間隔で発作が起きます。この発作を抑える為には非ステロイド剤を使った治療方法が有効的です。ロキソニンやナプロキセンが痛風発作には有効的です。決まった量の非ステロイド剤を使用する事で痛みを改善して症状を緩和させます。

痛風治療は尿酸値を抑える事も重要です。尿酸値を抑える為には尿酸降下薬を服用する事が必要です。尿酸降下薬の効果は個人差がありますが大体2カ月頃から感じる事が出来ます。薬を正しく服用すると痛風発作の回数が減り、足の痛みがひいてきます。尿酸値の値が不安定な場合は痛風発作が起きる場合がありますが、根気強く治療を行う必要があります。痛風は自分で完治させるのは難しいので、専門の医師に相談して治療を行う必要があります。薬の処方も医師としっかり相談して決めましょう。痛風の治療を行っている間は出来るだけ自炊や宅配サービスを利用してバランスの良い食事をとりましょう。日ごろから水分を多く摂取し、アルコールは控える様にしましょう。