腎臓病食は塩分量を配慮した宅配サービスを利用しよう

和食

尿酸値を正常にする方法

スマイル

痛風は強い痛みを引き起こし歩行を困難にしてしまいます。偏った食事は今すぐ見直しプリン体の摂取を控えましょう。食事のバランスを見直す事で痛風を改善する事が出来ます。水分補給も尿酸の排出に役立ちます。

Read More...

尿酸値とプリン体の関係

料理

痛風を改善するには食事のバランスを見直す事が最も大事です。痛みの原因になるプリン体を含む食材は避けて尿酸値を安定させる事で痛みが軽減します。プリン体は動物の内臓に多く含まれています。

Read More...

低たんぱくで高エネルギー

医者

肝炎や肝不全などの肝臓病になると徹底的な食事療法が必要になってきます。腎臓病の多くは肝臓が正しく機能しなくなります。通常の食事では塩分やたんぱく質が多すぎて肝臓に負担がかかってしまいます。その為腎臓病食をとる必要になります。腎臓病食は適正な塩分量を守る必要があります。塩分が高い食事をとると高血圧やむくみを引き起こし内臓に負担がかかります。その為、料理の味付けは通常よりも薄く仕上げる必要があります。塩分が少ないと味気ない食事になる事がありますが、出汁や旨味成分を多く含む食材を利用すると飽きのこない料理に仕上げる事が出来ます。

腎臓病食はたんぱく質の量が大事になってきます。通常たんぱく質は体にとって必要な栄養素の一種ですが腎臓病の人には負担になってしまいます。腎臓の機能がうまく働かない状態で多くたんぱく質を摂取すると腎臓のろ過機能に負担がかかり症状を悪化させてしまします。その為、出来るだけたんぱく質の少ない食材を使った腎臓病食を意識する事が大事です。腎臓病食は自分で作るよりも宅配サービスを利用した方が良いでしょう。毎日腎臓の事を考えて献立をたてるには時間がかかりすぎて同じ食材ばかり使う事もありますが、宅配サービスなら専門の栄養士や調理師が工夫をこらして献立を考えているので飽きずに食事する事が出来ます。宅配サービスの腎臓病食ならカロリーや塩分量があらかじめ計算されているので自分で厳しい健康管理を行う必要がありません。

尿路管理の重要性

看護師

痛風の治療には正しい食事と投薬の必要が不可欠です。血中の尿酸値をコントロールする事で足の痛みを軽減させ、関節炎を治療します。炎症による痛みは鎮痛剤が必要になってきます。

Read More...